ご利用ガイド

お問合せ

昇華転写プリント

昇華転写プリントについて

昇華転写プリントは、主に2つの工程を通して、布にプリントします。

工程1・インクジェットプリンターで転写紙に出力する。

C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック)の4色により出力します。
色域に限度があるため、あわせずらい色目もあります。
ポリエステル素材専用の昇華染料を使用します。(綿素材へのプリントは別の手法を用います。)

工程2・出力した紙と生地をあわせ、熱をあて転写します。

180度~200度の熱をあてます。のぼり旗には裏通りが必要なため、じっくり時間をかけて転写します。

プリンター転写機

ダイレクトプリントについて

コストに優位性があるということで、転写紙を用いない「ダイレクトプリント」も実際に行われています。

工程1・生地の前処理加工(インクが滲まないように)
工程2・生地そのものへ直接(ダイレクト)インクジェットプリント
工程3・発色(昇華転写同様に熱をあてる)工程
工程4・水洗、乾燥、幅だし

転写紙を使用しないため、コスト面においてリーズナブルなサービスを提供可能です。
当工場では無水染色をコンセプトに、環境に配慮しているため、工程4の必要ないプリント方法を鋭意開発中
です。

まれに、工程3のみで最終製品とし、納品されているのぼり旗工場がいらっしゃいます。
この場合、たたまれた状態でポリ袋に入れ一定期間保存すると、色の移行(濃色から薄色へ)が生じる可能性
があります。
デザインに濃色が多かったり、温度が高い時期、また、布を重ねて圧力がかかっている場合等には顕著に色が
移行する傾向があります。

袋入り矢印色が移行

ダイレクトプリントでの商品をご希望される場合は、製造工場に、工程4の水洗、乾燥工程がなされている製品か。
工程3 のみであっても、『色移行等の品質トラブルは起きないか』を製造工場にお尋ねになられることをお勧めいたします。

そうした品質のトラブルを避ける必要がある場合は、昇華転写方式でプリントされたのぼり旗を採用されることをご提案いたし
ます。

お見積はこちらをクリック